皮膚感染症、口腔内感染症、尿路感染症などに、糖尿病患者は注意

皮膚感染症、口腔内感染症、尿路感染症などに、糖尿病患者は注意

人間の体は、血液中に存在する白血球が、細菌やウイルスを殺す事で、細菌による感染を防ぐようになっている。しかし、血糖値が高くなると白血球の働きが弱体化し、細菌に感染して、感染症にかかりやすくなってしまう。糖尿病患者が罹患しやすい感染症は、呼吸器系の感染症、風邪、気管支炎、結核、肺炎など。皮膚感染症では白癬症、カンジダ症。尿路感染症では膀胱炎、腎盂炎、腎盂腎炎。口腔内感染症では歯周病、虫歯。以上が挙げられる。

また、糖尿病による血管障害により血流が悪くなると、体内の組織に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなるので、細胞の働きが低下してしまう。白血球も病変のあるところへ到達しにくくなるので、感染症の回復が遅くなってしまう。結果として、糖尿病も感染症も双方悪化してしまうという悪循環に陥る。

糖尿病性神経障害がある場合は、感染症に罹患している事実の発見が遅れてしまう事が多く、結果として治療が遅れてしまう事もあり、注意が必要だ。糖尿病患者が感染症に罹患しないようにする為には、血糖値コントロールを確実に行う事が大事だ。

血糖値コントロールを行っていく事で、体の免疫システムが正常に働くようにして、抵抗力を蓄える事が出来る。また、睡眠を十分にとる、ストレスを解消するなどの、良好な生活習慣を身に着ける事にも配慮が必要だ。万が一、感染症に罹患してしまった場合、すぐに病院で治療を受けなければならない。治療の基本は、体の抵抗力を高め、血糖値を下げて行く事にある。