糖尿病、喫煙などによる血管の損傷がED(勃起不全)を招くことは事実

糖尿病、喫煙などによる血管の損傷がED(勃起不全)を招くことは事実

ED(勃起不全)には、生活習慣病が原因となっているケースが少なくない。特に、血管や神経の障害、陰茎の外傷などにより、身体的に勃起不全になる「器質性ED」については、糖尿病や高血圧症が関わっているケースが多い。生活習慣病の代表格ともいえる糖尿病、そして高血圧症は、ともに血管へのダメージが大きい疾病であり、糖尿病と高血圧症は、喫煙と並んでEDを招く3大要因とされている。

勃起には血管の状態が深く関わっている。従って、血管の損傷がEDに及ぼす影響は大きいと言えるのだ。糖尿病になると、まず血管が硬くなり、性的刺激による陰茎の血管の拡張が妨げられる。その結果、陰茎への血流が抑えられ、EDを引き起こしやすくなるのだ。

また、糖尿病の場合は、陰茎の血管への影響ばかりでなく、陰茎の組織である陰茎海綿体が長期間、高血糖に晒される事で、陰茎海綿体に分布する神経が侵されている場合も多く、この点も、糖尿病による神経障害として、EDの要因とされている。糖尿病による神経障害は主として腎性、網膜症が挙げられるが、泌尿器系の症状ではEDが発症例の多い症状となっている。また、糖尿病でEDを発症している患者は、心臓病への罹患率も高いという報告もある。EDには糖尿病罹病年数、年齢や服用している薬、腎機能、喫煙、心理的な事項まで、幅広く影響を及ぼす。

一方で、多く発売されているED治療薬は、糖尿病によるEDにも十分な効果を発揮するとされている。糖尿病の薬との併用服用も問題はない。ただし、糖尿病の進行度によっては、薬が効きにくい事もある。主治医に相談の上、高用量の服用を試みてみるのも良いだろう。